TALENT DONATION

あなたの才能を寄付してください。

T-SHIRTSの収益はALSの研究費として寄付されます。

あなたのオリジナルデザインでZUKKYZのチャリティーT-SHIRTSを作ってください。

デザインができたらzukkyz.comにてオーダーをまとめて受注生産となります。

1枚のオーダーから生産できます、


最初に僕が体の違和感を感じたのは2017年2月。
飛行機の機内で上の棚に荷物を入れようとしたときに、あれ?力が入りにくいなと思った時です。
その時から不安になり色々な病院に行き、
2017年7月にALS(筋萎縮性側索硬化症)と宣告を受けました。


そこからは勝手に当たり前にあると思ってた未来が、急に真っ暗になったような残酷な時間でした。
でも、ふと治らないと言われているALSを治したい。
じっとしてられない。何かせずにはいられない。

そう思った僕は考えました。
僕はずっと服屋なのでまずはTシャツを売ってその利益をALSの研究費にしようとサイトを作りました。
そして運営中でお陰様でたくさんの方が応援して下さり、好調です。
ですが、ぶっちゃけて話すと、やり始めて思ったのが少し違和感が。
このままTシャツを売り続けて、新作を出し続けて、それはそれでいいのかもしれない。
僕の行動はあっているのかALSを治すために、自分の症状の進行もあるし、どうなのか?
間に合うの?僕がいなくなったらこの活動は終わっちゃうの?

そこで考えついたのが、みなさんの力を借りる方法です。
僕も含め、みなさんにTシャツのデザインをしたい方にしてもらい、
ALSに対してそれぞれの思いを込めたTシャツがあるサイトを作ります。
そこで得た収益の一部をALSの研究費として使わせて頂きます。
そうすれば僕がもしいなくなっても、誰かにデザインしてもらえれば、半永久的に活動が続けていけるかと。
勝手に人任せなことを言っていますが、超本気でこの仕組みが成り立つようにします。

その第一歩目に、以下のものを作りました。
是非見て下さい

7.jpg
white1.jpg
pbt001-5203-00001wht-f-1024x1024.jpg
6.jpg
pmt002-5203-00001wht-f-1024x1024.jpg
pmp005-5203-00001blk-f-1024x1024.jpg

データ作成の際の注意点

データ入稿の前に下記の点を
ご確認いただき、ご作成ください。

夏の寄付金集めで地元 NPO が大活躍

ニュース記事または関連出版物の短い紹介文を、ソースへのリンク付きで記載しましょう。動画の追加もおすすめです。

有言実行のWIX.COMの進化

ニュース記事または関連出版物の短い紹介文を、ソースへのリンク付きで記載しましょう。動画の追加もおすすめです。

対談:WIX.COM CEO

ニュース記事または関連する出版物の短い紹介文を、ソースへのリンクを付けて記載しましょう。動画を追加してもっと閲覧数を増やしましょう。

夏の寄付金集めで地元 NPO が大活躍

ニュース記事または関連出版物の短い紹介文を、ソースへのリンク付きで記載しましょう。動画の追加もおすすめです。